日本文化大学は土曜日も授業があります


一般的に、大学は土曜日は休みです。
しかし、中には土曜日に授業を行う大学があります。
日本文化大学がそのひとつで、しかも終日で授業を行っています。

土曜日に授業がありますが、
だからと言って全ての学生が
毎週土曜日に日本文化大学に行く必要はありません。
大学の授業は選択性であり、
履修の仕方によっては
平日に大学に行かなくても良い場合があります。

土曜日に授業を行うメリットですが、
大学側は少ない教室数で開校することが出来ます。
例えば、教室の数が少ないと、
あまりたくさんの講義を同時に開くことが出来ません。
しかし、授業が出来る機会が通常の1.2倍になれば、
それも解消出来るかもしれません。
学生としては、登校する機会が1.2倍になるため大変かもしれませんが、
それだけ多く勉学に励むことが出来ると言えます。

登校する機会が他の大学より1日多いということは、
ゼミに顔を出す日も1日増えるかもしれません。
日本文化大学には多数のゼミがあり、
日夜あらゆる法律に関連することについて研究しています。
ディスカッションすることも多く、
法律に関して確かな実力を身に付けることが出来ます。

土曜日に授業を行う弊害ですが、部活動の大会が考えられます。
一般的な大学は土曜日は休みになるため、
その日に大会を組むこともあります。
日本文化大学の学生は授業を優先しないといけませんので、
土曜日に大会が開かれると参加することが出来ません。
このあたりは世知辛い部分です。

土曜日もガッツリ学びたい方は
日本文化大学を受験するのはいかがでしょうか。